HOME >  大注目のフラバンジェノール >  花粉症にも効果的

花粉症にも効果的

花粉症のメカニズム

私たちの身体は、異物が侵入すると、最初にそれを受け入れるかどうかを判断しています。

花粉のような異物が入って来た場合、それを排除するという命令が脳から伝達されると、身体はアレルゲン物質と反応する物質をつくろうとします。その時つくり出される物質をIgE抗体と呼びます。

このIgE抗体がつくられた後に、もう一度花粉が体内に入ってくると、鼻や眼の粘膜にある抗体と結合して、花粉をできる限り体外に排除しようと、くしゃみ、咳、鼻水、涙が過剰に出続けたり、止まらなくなったりします。これが花粉症のメカニズムです。

花粉症の症状には、個人差がありますが、人によっては、仕事を休まなければならない、通院しなければならないなど、花粉症シーズンにおける大きな悩みになっています。

花粉症の予防対策とケア

花粉症になってしまう人とならない人がいますが、これは、サプレッサーTと呼ばれる細胞がうまくはたらいているかどうかに深く関わっているといわれています。

サプレッサーT細胞とは、過剰な免疫反応を抑制するはたらきがある細胞で、アレルギーなどにも大きく関係しています。

極論を言ってしまえば、花粉を吸い込まなければ、抗体もつくられず、過剰な免疫も起こらない=花粉症の症状が出ない…ということになるのですが、実生活をおくる上では、全く外出しないわけにもいかず、100%花粉をブロックできるマスクも存在しませんから、現実的とはいえませんよね。日頃からできる花粉症対策の強化に努める方が現実的といえます。

【簡単にできる花粉症対策】

  • 外出時間に注意!(午後1時〜3時頃は、花粉が飛散しやすいといわれています)
  • 外出時は、できるだけマスクを着用!
  • ただの花粉症だから…と思わず、ひどい場合は医師に相談。
  • 手荒い・うがいは必ず!
  • 帰宅したら、家に入る前にコートや上着をはらう。
  • 洗濯物も叩いてから、取り込むようにする。

花粉症にも効果的なフラバンジェノール

フラバンジェノールに含まれるOPCは、アレルギーを抑制する抗ヒスタミン剤と同じようなはたらきがあるといわれています。

抗ヒスタミン剤とは、アレルギー反応を抑えようとする物質で、花粉症やアレルギーに効果があるといわれています。

「乳酸菌」、「甜茶エキス」、「シソ系エキス」と並んで、「フラバンジェノール」に含まれるOPCの花粉症に対する効果が最近注目されています。

フラバンジェノールは、ビタミンCと一緒に摂ると、より効果的です。