食べ物

身体を暖める食材

身体を温めてくれる食べ物のことを陽性の食材と呼びます。冷え症に効果があるのはもちろんのこと、血液をサラサラにする効果もあるといわれています。

ただし、身体は温めてくれるけど、血液をドロドロにしてしまう食材もあるので、注意も必要です。

これらは、日常的に摂る事でさまざまな身体の不調の改善が期待でき、特に女性には嬉しい事ばかりの食材です。

身体を温めてくれる食べ物の特徴は、寒い地方や冬場に採れるものが多いということがあげられます。冷え性の方にとって、積極的に取り入れたい食材です。

【身体を温め、血液サラサラにしてくれる食材】

ごぼう、ねぎ、レンコン、ニンジン、しょうが、にんにく、山芋、こんにゃく、梅、沢庵、自然塩、みそ、しょうゆ、梅干等

【身体を温めるけど、血液をドロドロにしてしまう食材】

豚肉、鶏肉、羊肉、ハムなどの加工品、赤身魚、チーズ、卵、 貝類、精製塩等

身体を冷やしてしまう食材

陰性の食材と呼ばれている食べ物は、冷え性の人にとって、できるだけ避けた方がいい、又はとり過ぎに注意…といわれている食材です。

陰性の食材は、身体を冷やしてしまう特徴があり、冷え性を悪化させてしまう可能性もあります。

陰性の食材の特徴は、暖かい地方で採れるものや、夏野菜に多いということです。暑さの厳しい夏場に身体を冷やす…という意味では、季節の理にかなった食材ともいえますが、冷え症の人にとっては、とり過ぎに注意したい食材です。

また陰性の食材と同じく、身体は冷やしてしまうけど、血液をサラサラにしてくれる食材もあります。食材をうまく選んで、組み合わせる食生活が理想的といえます。

【身体は冷やすけど、血液をサラサラにする食材】

ナス、トマト、ピーマン、じゃがいも、大豆、豆腐、豆乳、お茶、紅茶、コーヒー、お酢 、わかめ、こんぶ、のり、ナッツ類、メロン、スイカ、みかん、バナナ、びわ等

【身体を冷やし、血液もドロドロになる可能性大な食材】

合成甘味料、食品添加物、砂糖、香辛料、アルコール類、清涼飲料水、インスタントコーヒー、牛乳、白いご飯、パン、うどん、精製油、チョコレート、スナック菓子など

陰性にも陽性にも属さない食材

昔から主食として重宝されてきた食材=玄米、麦、ひえ、粟などは、陽性でも陰性でもない食材です。

【中性の食材】

玄米、麦、黍、稗、粟等の穀類

身体を冷やす食材を食べるときは、必ず付け合わせで、身体を温める食材を足すなどして、日頃の冷え症対策に活用していきましょう!