HOME >  冷え性に効果的なサプリメントを探す >  冷え性にはフラバンジェノール

冷え性にはフラバンジェノール

注目される理由

フラバンジェノールを配合したお茶"フラバン茶"にも代表されるように、今、フラバンジェノールが静かに脚光を浴び始めているのには理由があります。

それは、現在サプリメントに配合されている成分としては、最高基準の抗酸化作用があるから。

抗酸化作用とは、身体のあらゆる不調を引き起こす原因となる活性酸素を除去したり抑えたりする働きのことです。その抗酸化物質を多く含んでいるのが、フラバンジェノール。

フラバンジェノールは、別名ピクノジェノールとも呼ばれ、国内外のメーカー登録によって名前が異なります。どちらもフランス南西部・大西洋の沿岸にある松の樹皮から抽出された天然のポリフェノールで、その成分は"OPC"とも呼ばれています。日本ではまだ馴染みが薄いかもしれませんが、欧米では古くから研究が進められ、安全性や有効性は科学的に立証されています。

冷え性に効くのはなぜ?

フラバンジェノールのとても強い抗酸化作用は、活性酸素を除去したり、無力化する働きがあります。その結果、血液をサラサラにし、血栓ができにくくなり、血管の病気を予防してくれます。

血栓ができにくくなると、血流が良くなる=血行が良くなり、冷え性や肩こり、生理痛の軽減などの効果が期待できるのです!

嬉しい美肌効果も

フラバンジェノールは、別名”飲む美容液”とも言われていて、最近では食品や飲料以外に化粧品にも配合されています。

まず、”エラスチン”と”コラーゲン”を結びつけて様々な不調や外的要因からお肌を守る働きがあり、特に顔色(血色が悪い)や血行が気になる人、しみ・くすみといった悩みにも大きな効果が期待できるといわれています。

肌を老化させる原因となる活性酸素や紫外線から肌を守る働きがあるといわれ、コラーゲンの生成を高め、しみ・くすみ・そばかすや、しわ・はりにも効果があります。

さらに、優れた抗酸化力で体内のビタミンEを保護、酸化したビタミンCを再生する働きもあり、紫外線によるダメージからお肌を守ったりアンチエイジング効果まで期待できる、まさに美肌サプリなのです!