上手な摂り入れ方

サプリメントはいつ摂ればいいの?

サプリメントの包装などを見ると、「1日3粒を水やぬるま湯と一緒に」「1日1〜2粒を目安に」などと書かれているのをよく目にしますが、一体いつ摂るのが1番ベストなのでしょうか?

美容系のサプリメントでは、時々「就寝前がベスト」、カロリーカット系ですと「食前か食後」などと書かれているものもありますが、実は、特に包装に注意書き、使用上の注意などで明確な指示があるものを除いて、特にサプリメントを摂るタイミングに決まりはないのです。

あえてあげるとするならば、ビタミンBやCなど水溶性と呼ばれるものは、食事と一緒、または食後でなくても十分吸収されますが、B群に関しては食事と一緒のほうがよいといわれたり、サプリメント全般としては、消化・吸収が活発になる食後がよいとする意見もあります。

しかし、それよりも大切な事は、継続して毎日摂取すること、数回に分けるなら服用間隔を考えること。そして、清涼飲料水など、水やぬるま湯以外の飲み物と一緒に摂取しないことです。

サプリメントの組み合わせについて

サプリメントの組み合わせや飲み合わせという点で注意したいのは、まず複合タイプのものを選ぶ時に、重複した成分の摂り過ぎになる可能性があるという点です。よく見てみると、同じ成分が入っている場合があります。何事もバランスが大切ですから、摂り過ぎにも注意しましょう。

以下は、できれば避けたいサプリメントの組み合わせです。

【脂溶性ビタミン+脂溶性ビタミン】

脂溶性ビタミンとは、ビタミンA、ビタミンDに代表されるビタミンです。脂溶性のビタミンは肝臓に蓄えられる性質があって、過度の摂取は肝機能の異常などの原因になります。特に妊娠中の女性の場合には母体への影響も考えられますので、注意が必要です。

【コエンザイムQ10+カプサイシン】

美肌とダイエットに効果が期待できる人気の成分が、コエンザイムQ10とカプサイシン。この2つを組み合わせてしまうと、お互いの効果を打ち消しあってしまいます。このように、重複していなくても、互いの効果を消してしまう組み合わせもありますので注意が必要です。

安全性の高いサプリメントを選ぶ

サプリメントや美容系商品、健康食品など、選ぶのが難しい程にたくさんの種類が店頭に並んでいますが、同じ成分表示の中で一体どれを選べば良いのでしょうか?

1番分かりやすい選び方としては、安全性が科学的に証されているかどうかという点です。

例えば、その成分についての研究が長い年月行なわれてきているかどうか、実際の効果や効能が証明されているかどうか、医師からの推薦を受けているかどうかなど、副作用や実例などについてはっきりしているものかどうかが最低限満たさなければならない基準となります。

サプリメントは、自分の身体に入るもの…ということを再認識することが大切です。